必要な書類について

車の廃車と買取に必要な書類について

自分の車を廃車にして買取してもらう際に必要となる書類についてご説明します。車を廃車にして買取をしてもらうためには、まず「一時抹消」の手続きを行う必要があります。この手続きは、廃車する車が「軽自動車」か「普通自動車」かによって、必要な書類や手続きの流れが異なるため注意が必要です。

普通自動車の廃車に必要なものは、車検証の他に、自動車損害賠償責任保険の証書、自動車リサイクル法が適用された後に購入した車の場合はリサイクル券、また印鑑証明書や譲渡証明書です。また、自分の車のナンバープレートも必要になります。万が一、盗難や紛失などでナンバープレートが用意できない場合は、「理由書」を一緒に提出する必要があります。

一時抹消にかかる費用は、自分で手続きを行う場合は安く済みますが、お店などで代行してもらう場合は、お店に払う手数料が別途必要になります。手続きは、自分が住んでいる場所を管轄している「運輸支局」で行います。一時抹消の手続きは平日しか行われていないため、仕事などで運輸支局に足を運ぶのが難しい人は、お店などで代行してもらった方がよいでしょう。

一方、軽自動車を廃車にして買取してもらうには、普通自動車の時と手続きが若干異なります。まず、軽自動車での廃車手続きは、「一時抹消」ではなく「一時使用中止(自動車検査証返納届)」と呼ばれています。また、軽自動車を管轄しているのは「運輸支局」ではなく、「軽自動車検査協会」のため、一時使用中止の手続きも軽自動車検査協会にて行います。

さらに、普通自動車の場合と異なり、手続きに必要な印鑑が実印ではなく認印でよいため、「印鑑証明書」を用意する必要はありません。手続きの際は、車検証と自動車損害賠償責任保険の証書、運転免許証などの身分証明書、リサイクル券、認印、申請依頼書、そして自動車重量税還付申請依頼書を用意しましょう。

手続きの流れは、まずナンバープレートを取り外し、必要書類を用意して自分の住んでいる場所を管轄している軽自動車検査協会へ行きます。そして、窓口にて一時使用中止の手続きをする旨を申し出て、指示に従って手続きを進めていきます。最後に、「自動車検査証返納証明書」を受け取って、手続きが完了します。その後、自動車損害賠償責任保険の解約手続きも忘れずに行うようにしましょう。もし、自分の車にローンが残っている場合は、まず残債を完済する必要があります。完済が難しい場合は、あらかじめローン会社と相談しておきましょう。